*

「婚活イベント」国が支援…に物申す!ナンパ目的の男を増やすだけ!?

nanpa

来年度から(2014年)少子化対策として、内閣府が、「婚活イベント」に運営費等 基金の支援を検討しているとの事。
ヤフーニュースで見ました。

ほんま、油ギッシュなオッサン政治家達は何も解ってないなーー!

確かに、出会いのきっかけを提供するのは必要な事。第一歩ではあると思う。

でも、それを国が基金の支援をするよりまず、少子化対策でするべき事はあるでしょ!

国が婚活イベントの財政面援助に、意義アリ!な理由・・・。
婚活経験者 モトコさん語る。

本気で婚活しようとしている女性に対して、男性は軽い気持ちである場合が多い

費用が安い婚活イベントに行くと、ほんと時間のムダでしかありません。

女性は子供を産むリミットがあるので結婚に対しての焦りというのはハンパ無いわけです。
男性はリミットなんて気にせず婚活できるので、気持ちも軽いもんです。

その軽い気持ちで参加する男性は、本気で婚活している女性にとって天敵なんです!!

この軽い気持ちで婚活している男、特にどのイベントに多いかというと、

・街コン
・安いお見合いパーティー

この2つは まず 相当美女でなければ 女性が参加しても心が滅入るだけです。
そして カップルになったとしても、男性は他にいくらでも女性をキープしておりますので、これで知り合ったカップルの女性は幸せになれる確率は低いと思われます。

※詳しくは、婚活振り返りブログ 街コン編と、お見合いパーティー編と、出会い系(健全)サイト編で 後日語りたいと思います。
不幸で悲しい過去の話です。

結婚に対する 男と女の意識の違い

婚活イベントで、女性は彼氏を作る という事が目的ではありません。
対して男性は まずは友達から・・と結婚に対して逃げ腰です。

婚活イベントに参加して、目的を達成する為に女性は 男性の質も求める事はとても重要です。

経済力が無いから結婚に対して前向きではない だけど遊ぶ女性や彼女は欲しい。という男性に出会いの場を援助する事は何も少子化対策になりません。

それどころか、頑張って努力して勤労している人達の血税が ナンパ男の遊び代に変わるなんてって 不平不満が出ても 「確かに納得」と頷かざるを得ません。

先に述べた 街コンや安いお見合いパーティーは、確かに気軽なので 容姿が優れたイケメン率は高いです。
女性が35歳も過ぎて 色々経験すると解ると思いますが、容姿ってのは さほど重要なキーワードでは無くなってきます。

※容姿の優れたイケメンは、もちろんモテるしナンパ男も多いので、先を見越すと不幸にさせられる率も高い。イケメンは要注意です。

婚活イベントに国がお金を援助して、イベントに参加する男性の負担が減ったら、、、
ナンパ男には都合がいいですよね。

都合のいい女がいくらでも作れるわ、笑いが止まらんでしょうねー!
ムカムカ。
(都合のいい女 遊ばれた経験数々の私ww 語る)

結婚する男性には、「甲斐性があるか 経済力があるか」は大切

もちろんお金を持っていない男性はNGというわけではありません。
ですが、女性は子供を産むというホルモンを持つ性。
外にでて働くというという部分に関して根本的に不利なんです。(社会自体が厳しいという事もあります)

これは、現実として 受け止めなければ と思います。

仕事が好きで、仕事を続けたくても 子供が欲しいという本能も女性にはあります。
子供を産む期間、育てる期間って 女性には必須な時間です。

そう考えると、男性の経済力って 綺麗ごとでは無く大切になる というのは理解できない人はそう居ないはず。

そんなに金持ちでなくて全然いいんです、貧乏でも ちゃんと働いて 妻子を養えるだけの分を稼げる男性であれば。

でも、、この不景気、それが難しいんですよね。

女性は婚活回数が増える程、心が病んでくる

munashisa

「婚活疲労外来」って知っていますか?

婚活って、女性からすると 少し気持ち的に滅入ってしまいます。
「人に知られたくない、知人と会ったらどうしよう」

それに、婚活を重ねて なかなかカップルになれなかったり、行き詰ったりが続くと、自分は誰からも必要とされていない、、愛されない、、人並みの幸せさえ 資格の無い人間なのかも と精神的なダメージは蓄積されます。

男性は、より多くの出会いの場を提供され、軽くお付き合いする という事を本心では望んでいます。
ですから、婚活で知り合った女性が 重くなってくる=結婚願望を匂わせる と男は逃げ腰になります。

婚活イベントで、カップルになる というか、お付き合いまで発展するって事、これさえ確立低いと思います。
もちろん、相当の美女で容姿に自信があったら別ですが・・。

婚活イベントは、短い時間の中、見ず知らずの人と何分か話すだけ。
これで相手の何が解るのでしょうか。
※これも後日 体験談として語りますので ここでは割愛

少子化の真の原因

油ギッシュなオッサン政治家には解らんだろうけど、少子化の原因は、出会いの場が少ないことではありません。

でも、ネットが普及している今、ネットでの健全な出会いはいくらでもあるわけです。

ちゃんと、それなりのお金を払って 婚活する 結婚相談所だってあります。
そこには、男性の職業や年収、身分証明だって提出されている訳だし、相応な金額を支払って婚活している男性なので、気持ちも真剣。誠実な人たちが集まります。

だからね、出会いの場に関しては、国が財政面を保障するのも まあ いいかもしれないけど、それよりも!!!
少子化の真の原因って何なのでしょうか。

(1)若者の雇用の問題
~収入が少ない為に結婚に躊躇する男性達~

男性だって、いつまでも結婚せずに遊んで自由に暮らしたい と思っているわけではないと思います。
だけど、妻子を養っていくだけの収入がない。。だから結婚に足をすくんでいる。。

この現実、女性も受け止めなければなりません。

(2)女性のキャリア
~最悪結婚しなくても頑張れば生活できる~

昔からすると、女性の社会進出・活躍の場は増えてますよね。

しかし前にも述べたように、いくら頑張っても やはり男性社会。男の戦場で戦う事は 相当の根性と努力を要します。
先で述べた 男性が結婚を躊躇する(1)の要因を 受け入れるとすると、女性も同等に働かなければならない 現代の社会。。

女性ホルモンが関係する体調不良、、自律神経の乱れ・・

これは35歳すぎてから ひしひし感じます。
仕事しながら、出産 子育て・・。職場でのマタニティーハラスメント・・

この辺りの女性の負担が、少子化に一番繋がる要因だと思います。

(3)性教育 高齢出産のリスク等 教育の問題

最近、芸能人でも高齢出産が多くなりました。
だから、女性も30歳越えても なんとかなるだろう と平気なもんです。
ですが、35歳手前くらいから 焦り始めてきます。

男性は、相手が30歳過ぎてても 卵子が老化する等・・知識はそんなにありません。
だって、小学校 中学校で 性教育は男女別でしたよね。(私の時代はそうでした。)

もっと、きちんと 特に男の子 にも、小学校 中学校ごろから、女性の子供を産むタイムリミットにたいして知識を与えることが必要です。

その教育が薄かったのではないかと思います。
現に、年下の元彼には 「焦りすぎ、40歳過ぎても子供産んでいる人だって居る」
と、盛んに言われていました。。

私を都合のいい女で 遊びまくった男達も、私が子供が欲しいという事を知りながら、卵子の老化・高齢出産のリスクなんて 軽く思ってたんでしょう。知らなかったのかもしれません。

少子化対策の「3本の矢」この3本をもっと強化!

kosodate

(1)待機児童対策を含めた子育て支援

(2)仕事と家庭の両立支援

(3)結婚、妊娠、出産の手厚い支援策

これ、本当に強化してほしいですねー!

正社員で働く女性が、妊娠した場合 国がその会社に 産休を手厚く財政面で支援するという事を 強く願います!

結婚、産休、育児 をする女性を雇う事が、会社(雇用主)にとって得になる社会を作る事が一番の少子化対策!

男性の収入だけでは、結婚生活不安・・ だから男性は結婚をする事を躊躇する。

ならば、女性のキャリアで 支えたらいいじゃない!♪

そのためには、女性ならではの 負担 そう、「結婚・産休・育児」に対して 会社(雇用主)が喜べる=得をするように 国が援助してくれたら、

その部分に 国が沢山お金を使ってくれたら、少子化対策 一番の効果だと思います!!

ナンパ目的の男の婚活イベントに血税を払うより、子供を生みながらも 女性が働く環境を推奨する社会であるほうが、将来の日本の為だと思いませんか!?

是非、油ギッシュなおっさん政治家達、女性の意見、参考にしてください!!(喧嘩うってごめんなさい (^^))

関連記事

new love

新しい恋も終わりました

今思うと、久しぶりだったかな。 恋をするのって。 元カレは男性的...

記事を読む

出会い系サイトで出会ってみました

match.comマッチドットコムで実際会ってみました、

連続2日で2人の人と会いました。 会う前の時点での第1希...

記事を読む

失恋から立ち直る行動その2「婚活サイト(出会い系サイト)を活用してみました」

失恋から立ち直る行動その2「婚活サイト(出会い系サイト)を活用してみました!」

さあ、37歳。 失恋したからといって メソメソ グズグズ...

記事を読む

6ヶ月で5.5キロ痩せる!

6ヶ月で5.5キロ痩せる!失恋ダイエットスタート

さて、夏ももうすぐ終わりです。 これから秋に向け冬に向け...

記事を読む

失恋から立ち直る為の行動

失恋から立ち直る行動「小さな目標を決めた!」

失恋を忘れるため、彼との楽しい出来事を思い出して辛い気持ちにな...

記事を読む

新着記事

2014-12-26(6週と0日目)

妊娠6週と0日目 心拍確認出来ました!

元々 神経性胃炎持ちで すごく胃が痛くなったのと、便秘なのとで苦しく、...

記事を読む

不妊とストレスとの関係

不妊の原因がストレスという外的要因についての実例

私の不妊の1番の原因はストレスだったという事を前のブログで書きまし...

記事を読む

妊娠5週目つわりのスタート

生理予定日を過ぎて1週間後(妊娠5週目)

今日は妊娠反応が出て初めて彼氏と一泊二日の神戸の小旅行。 妊娠5週目...

記事を読む

高齢でも妊娠できた!

37歳 妊娠出来た理由を考えてみた

彼氏とは途中別れた期間もあったものの、1年半の交際期間の間、後...

記事を読む

2014-12-16のエコー

妊娠しました

別れも出会いも繰り返して、色々ありましたが、元カレと復縁し 12月15...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

2014-12-26(6週と0日目)
妊娠6週と0日目 心拍確認出来ました!

元々 神経性胃炎持ちで すごく胃が痛くなったのと、便秘なのとで苦しく、...

不妊とストレスとの関係
不妊の原因がストレスという外的要因についての実例

私の不妊の1番の原因はストレスだったという事を前のブログで書きまし...

妊娠5週目つわりのスタート
生理予定日を過ぎて1週間後(妊娠5週目)

今日は妊娠反応が出て初めて彼氏と一泊二日の神戸の小旅行。 妊娠5週目...

高齢でも妊娠できた!
37歳 妊娠出来た理由を考えてみた

彼氏とは途中別れた期間もあったものの、1年半の交際期間の間、後...

2014-12-16のエコー
妊娠しました

別れも出会いも繰り返して、色々ありましたが、元カレと復縁し 12月15...

→もっと見る

PAGE TOP ↑